牟岐中・牟岐をPRしよう講座! 前編・牟岐の特産品を知る。

牟岐中・牟岐をPRしよう講座! 前編・牟岐の特産品を知る。

2016年も昨年に引き続き、牟岐中学校の総合学習の授業へお邪魔してきました。今年のテーマは”牟岐町をPRしよう!” 前編では、牟岐の町へ見学に行った様子をご紹介します。

牟岐中学校では、地域住民と連携して行われる総合学習の授業があるのですが、僕は今年も外部講師として一緒に活動させてもらいました。ちなみに昨年の様子は、以下の記事からどうぞ。

牟岐中で、六角舎のライター体験講座が始まりました!
牟岐中・六角舎のライター体験講座で、学校内の記事を書いてくれました!
ふしぎの国のカフェ 喫茶亜梨巣
お惣菜が美味しい、エストマーケットに取材に行きました!
みんなでいこう喜来の滝!!!

まずは知ることから

総合学習は、週に1回・12月までの、全部で十数回の授業です。みんな勉強や部活で忙しいので、この授業はらく~に受けてもらっています。宿題などはありません。あったら僕が困ります。

打ち合わせ段階で、今年はもっと色んなとこへ出かける授業がいいね~、牟岐のお土産をPRするのとかええんちゃう?という意見をいただいたので、昨年とはテーマを変えてやってみることにしました。

dsc_2499

初回の授業はゴールデンウィーク明けに開講。今年、このコースは9人の生徒さん、笹田先生、僕が参加してます。牟岐町をPRしよう!というテーマですので、僕からは自己紹介&活動紹介&牟岐でおすすめの○○などをざっくりと。

dsc_2501

そのあとは、皆さんからも自己紹介・牟岐でおすすめの○○を教えてもらいました。いくつか抜粋すると、「大谷避難所からの町の眺望」「アオリイカの刺身」「牟岐の川の透明度」「自家製のしいたけを網で焼いてポン酢で」など、めっちゃ魅力ある意見ばかり。やはり牟岐育ちのみんなの意見は貴重。

また、昨年から連続で受講してくれている人もいて嬉しいですね。「今年は牟岐の魅力あるものを探しに行って、最終的には徳島市内のマーケットへ出張販売PRに行きます!去年はカメラ・PCをいじる時間が多かったけど、今年はガンガン外へ出掛けてくのでよろしく頼みます~。」とカンタンに授業内容を説明したら、翌週以降はひたすら見学へ。

これでもかというくらい見学へ

中学生に限らず、牟岐町のことでも、意外と自分の行動範囲外のことになるとあんまり知らないという方は多いのではないでしょうか。というわけで、まずは色んなお店、作家さんのところへお邪魔しての製造過程や商品の見学を、前半の授業で行いました。

見学の様子を、いくつかピックアップしてみましょう。

dsc_2605

花かつをの製造をされている勝浦商店さん。削り節に最適な素材を厳選して仕入れ、昔から変わらない製法で作られる花かつをには「牟岐から持ってくお土産はこれでないと」というお客さんも多いですね。

dsc_2633

独特な削り機の構造、箱いっぱいの削りたて花かつを、店の中いっぱいのかつおぶしの香りに興味津々です。

dsc_2675

牟岐を代表する水産会社の泉源さん。かまあげしらすの加工場や鮮魚の冷蔵庫、水揚げされた魚の梱包など、忙しい中で色々見学させてもらいました。巨大なマグロも登場し「俺よりでかいんちゃう?」との声も。

dsc_2717

お土産として人気なのが泉源の干物・おつまみ。店でよく見る商品が出来上がっていく過程を見るのは面白かったですね。

dsc_6747

牟岐町で商工業のサポートを担う牟岐町商工会さん。牟岐のPRのため開発された商品「天草麺」「イカすみ麺」や出羽島産テングサを取り扱っています。

dsc_6754

ところてんの状態で買うことはあっても、なかなか作るってことはない人も多いのでしょう。テングサのパッケージ裏には写真入りで作り方が掲載されています。そういえば、牟岐のおすすめの中で「ところてんをすだちの皮すってポン酢で」という食べ方を教えてくれた人もいましたよ。

dsc_6787

西又でかずら工芸を製作されている西澤さん。秋の文化祭シーズンということで、色んな種類のかずら工芸品を見ることができました。

dsc_6827

かずらの採取に始まり、非常に手間のかかる工程を経て、こんなにきれいなものが作られます。実は牟岐では、かずら工芸を得意とする方が何人もいらっしゃるんですよ。

img_20161110_151757

牟岐町漁協へ向かう道の手前、牟岐町大谷で編み物細工を製作されている木村さん。以前六角舎で活躍されたみなみさんに教えていただいた、牟岐の匠です。

img_20161110_155518

製作するところやかぎ針などの道具、完成した商品の見学にとどまらず、「あなたもやってみんけ?」と製作体験までさせていただきました。皆さんかなり苦戦していましたが、コツを覚えてこんなに編みあげる人も。

 

こんな感じで、春から秋頃まで(もちろん夏休みは休講)は見学に行きまくってました。上記のお店の他には、うみがめ作業所さん、かいふ菓子ロマンきもとやさん、宝来堂さん、魚秀さん、日和佐の道の駅(展示方法の学習)へ訪れました。どのお店・作家さんも、親切に対応していただいてありがたい限りです。

予行演習もやりまっせ

見学で色々な牟岐の魅力・牟岐の特産品を知ることができましたが、いきなり出店は無理がありますので、予行演習もやってみました。

dsc_4332

ということで多少は座学の授業も開催してます。

dsc_4344

「出店計画を作る」ということですが、要は「どんなものがPR効果あるか?」「私が押し出したい牟岐の魅力は何か?」を考えてみようということです。「あれかなー」「これええんちゃうかなー」と、みんな色々考えてくれました。

dsc_7791

別の日には、模擬出店をやりました。商品があるという想定で、色々並べて装飾してみます。

dsc_7844

そしてお店・お客さんに分かれての販売演習。商品のすすめ方や聞かれたことへの返答など、実際にありそうなアクションをやってみます。途中、メンドクサイ客が来たという設定で笹田先生が絡んでくるという一幕もあり、面白かったですね。

ということで、牟岐町PRのための出店に向けて準備をすすめた中学生が、いよいよ徳島市内へ出店へ!

続きは後半へ。