絶品の餃子、手羽先、肉炒め炒飯とキンキンのビール!中華料理の揚子江

絶品の餃子、手羽先、肉炒め炒飯とキンキンのビール!中華料理の揚子江

牟岐町では数少ない『中華料理』のお店へ行き、アツアツの料理とキンキンのビールをいただいてきましたのでご紹介しましょう。

夕刻、揚子江へ向かいます

牟岐にはお好み焼き、海鮮、ラーメン、定食、うどんなど色々な飲食店があるのですが、まだ六角舎サイトでは中華料理のお店を紹介していませんでしたね。

dsc_4433

牟岐で中華料理を食べたい!と思ったら、こちらの『揚子江(ようすこう)』へ行ってみましょう!

dsc_4429

ちなみにお店の場所は、国道55号線をずっと南下して、牟岐警察署➔トンネル➔ローソンときたあたりから100mほど、右手側にありますよ。

dsc_4435

入り口です。もうこの時点で、餃子か何かの焼ける香りが…たまりませんね。

お昼のランチも美味いのですが、この日は飲むぞ! ということで、夕方にやってきました。

dsc_4440

いかにも中華料理屋さんらしく、赤一色のお店の内部。座敷、テーブル、カウンターと座席は各種選べます。

dsc_4443

そして至る所に掲げられた魚拓。牟岐大島・津島の磯釣りで釣り上げられた、化け物クラスのタイ、グレ、イシダイなどなど。

dsc_4444

さて、お腹も空いたので席につきます。座敷席には、中華料理ならではの回転テーブルがあるのも良いですね。

dsc_4459

料理メニュー、まずはやっぱり餃子でしょう!そして手羽先!揚子江に来たら、このツートップは必ず頼みますね。他にはニラレバ、豚天などもオススメ。

dsc_4462

さらにラーメン、チャンポン、焼きそばといった麺類や…

dsc_4464

一番人気の『肉炒め炒飯』を筆頭に、ご飯物も色々あります!そしてお待ちかねの…

dsc_4467

ビール!しかも大ジョッキ!いやあ、これを見るとテンション上がりますね。dsc_4474

このお店のビールは『うまい!樽生ビール』ですが、それだけではないのです。ご覧ください、真っ白に冷えたジョッキを。

dsc_4476

さあ、運ばれてきた大ジョッキ3つ。あまりのデカさに目を見張っちゃいますね。さらにはお通しにキムチも付いてます。ところで卓を囲む見慣れぬ若者は、僕が取り組むまちづくり活動に参加してくれた徳島大学の学生さん(左から蓮池くん、勝木くん)です。昼間めっちゃよく働いてくれたので、中華料理&ビールでの打ち上げに来ました。

dsc_4481

これです。まけまけいっぱいの大ジョッキ。ご覧のとおりキンキンですよ。dsc_4485

さあ!もう待ちきれないので乾杯!

dsc_4487

泡と液体の境い目を見てください。ジョッキだけでなく、ビールも凍りかけるほど冷えてるんです。

dsc_4495

ぷはあぁーっ!喉に流し込むビールのうまさ、もう言葉になりません。

絶品の中華料理

ビールを飲んで一息つくと間もなく、アツアツの料理が運ばれてきました。

dsc_4502

さっそく登場!黄金色に焼きあがった『餃子』です。(写真は3人前)

dsc_4514

ご覧ください。皮はパリッと焼きあがり、中はジューシィな肉汁がたっぷりと…

dsc_4520

タレをつけて…

dsc_4510

くうぅぅーっ!うまい!とてつもないうまさに、まるで料理マンガのようなリアクションをしてくれる2人。

dsc_4530

ビールと餃子が美味すぎて幸せ、という僕らの感想に揚子江のおかみさんもニッコリ。

dsc_4534

そして間髪入れずに運ばれてきた、揚げたて『手羽先』皮はパリパリ、肉はプリップリで食べごたえある大きさ。はっきり言って、僕の地元の名古屋のよりも(製法は違いますが)格段にうまいです。

dsc_4556

先ほども言いましたが、揚子江で飲むときは餃子と手羽先が外せません。手羽先に夢中で食らいつく蓮池くん。

dsc_4552

『麻婆豆腐』も頼んじゃいました。単品でもうまいですが、マーボーラーメンにするといつまでもアツアツでGoodですよ。激辛も出来ます!

dsc_4557

料理が美味すぎるので、ビールもカッポカッポ入りますね。こちらは中ジョッキですが、先ほどと同じくキンキンです。

dsc_4562

こちらは天ぷら。豚肉の天ぷらなので『豚天』サラダもついてきて嬉しいですね。

dsc_4571

塩を付けてパクリといただく勝木くん。蓮池くんが飲んでるのは、グレープサワーです。メニューには書いてないんですが、レモン以外のサワーもあるみたいですよ。

世界で2つしかない炒飯

おかみさんから「せっかく市内から来たのなら、是非食べて帰って欲しい」とオススメされたのが、肉炒め炒飯。牟岐内外からのファンが絶えない人気メニューです。

dsc_4588

一気に炒め上げた炒飯がテーブルに運ばれてきました!この湯気の香りだけで飲める。

dsc_4584

パラパラの炒飯の上に、肉と野菜を炒めたものが乗っています。

dsc_4602

ああ。一粒一粒にしっかり味がついて、卵もふわふわで…。もう文句なしのうまさですよ。

揚子江の炒飯の製法は唯一無二、いや徳島市内に1つあるという兄弟店を除いて、他では食べられない味ということです。

dsc_4598

ということで満腹。「めっちゃうまかった!」「牟岐に来てよかった!」2人とも気に入ったようですね。

dsc_4604

完食する頃には、もうすっかり酔っぱらいです。

飲む人に、朗報です!

dsc_4605

揚子江で中華料理を食べながらビール!は、ご覧のとおり最高でした。お昼のランチもお得な日替わり定食がありますし、町内で宴会する時に中華のオードブルも頼むことが出来ます!

dsc_4607

餃子の写真の時点で、行きたくなった方も多いでしょう!ぜひぜひ行ってみてくださいね!なお月曜日だけ休みです。

dsc_4468

そしてなんと!料理の持ち帰り(汁物除く)や町内送迎も受け付けてるんです!

迎えに来てもらって、飲んで食べて、ご自宅での2次会用に餃子・手羽先をテイクアウトして、また送ってもらう…なんていうプランも夢じゃない。

dsc_4612

揚子江 詳細情報


【営業時間】11:00~14:00 16:30~20:00
【定休日】月曜日
【駐車場】店の前に3~4台(事前予約で送迎もあり)
【電話番号】0884-72-1231

記事を書いた人

上谷 祥利
上谷 祥利
担当:密着取材、広報、ズッコケ担当

偶然訪れた出羽島に惹き込まれたことが機で、北海道から牟岐町へ移住した男。からだを動かすことが好きでマリンスポーツに挑戦中!しかし「寒い」「怖い」「痛そう」等のビビリ文句を発する度に、主に女性陣からの失笑を買う体たらくである。
色んな所で叩き込んできた文章構成力・生来の柔軟な発想力の2枚看板を武器に、グッと目を引きつける記事を送り出していく。