創業から受け継がれてきた牟岐への思い。ふくまつのパン・お菓子をいただく

創業から受け継がれてきた牟岐への思い。ふくまつのパン・お菓子をいただく

牟岐の国道沿い、コンビニ近くのパン屋さんふくまつ。いつも僕はパンを買い求めているのですが、「小張月」「海士たる」というお菓子を食べたことをきっかけに、お菓子に込められた思いを知ったのです。

 

国道沿いに、フレッシュベーカリーふくまつの看板

DSC_4022

牟岐駅から北へ200mほど進むと左手に見えるのが、和菓子・洋菓子・パンを販売しているフレッシュベーカリーふくまつです。

DSC_4027

駐車場は左側のスペースでも、手前のドコモでも、また右側のセブン-イレブン駐車場へも駐車できます。

DSC_4031

いい感じの看板を発見。SINCE1929、昭和4年創業という牟岐の老舗のパン・菓子屋さんです。

DSC_4036

こちらが入り口。ケーキ、ソフトクリームも売ってるんですね。

DSC_4041

No.1商品のナポリチーズ、気になりますね〜。これ後で出てきますので要チェックですよ。

どれを食べてもうまい、手作りパン

DSC_4121

お店の中は、とにかく明るい。レンガ調の壁とも相まった素晴らしい眺め+脳を刺激する焼きたてパンの匂い。たまりませんね。

DSC_4057

というわけで、早速パンを。

DSC_4059

食パン、惣菜パン、菓子パン。いやー、いつもどのパンを食べようか悩むんです。

DSC_4060

1本まるごとの食パンもあります。これさえあれば、サンドイッチ&パンの耳カリカリ揚げが大量に作れそう。

DSC_4065

ああ〜、うまそうなカレーパン。僕はふくまつのカレー餡が好きなので、カレーパンやウインナーカレードッグパンを買うことが多いです。

DSC_4053

もっとガッツリいきたいときは、肉厚の照り焼きバーガーもいいですね。

DSC_4062

おおおお!やったぜ、残ってた!一番好きな「フィセル」という名前のフランスパン。迷わず購入。

DSC_4069

そして、甘そうな菓子パン。

DSC_4071

あんぱんマンも売ってる。やっぱり中はつぶあんです。

DSC_4074

とてつもなく甘そうなカスタードコロネ。

DSC_4078

そしてこちらが”ナポリチーズ”。めちゃくちゃうまいですよ。

DSC_4079

皆さんご覧いただけるでしょうか、真ん中からにじみ出るイタリアンチーズの溶けた部分が。これが120円とは安すぎる。

創業時から作り続けている、ふくまつのお菓子

DSC_4045

いつもは僕はパンを買っていくだけなのですが、実はお菓子のレパートリーもかなりあるんです。

DSC_4049

クッキー、焼き菓子。僕の好物のマフィンケーキも。

DSC_4087

饅頭、ケーキ、アイスクリーム。贈答用に箱売りも、おやつ用にバラ売りも選べるんですね。

DSC_4092

これは”小張月(こばりつき)”というお菓子。実は昭和4年の創業は、このお菓子から始まっているのだそうです。

DSC_4098

餡をカステラみたいな生地で挟んだ小張月、最中に餡の入った”海士たる(あましたる)”、この2つがふくまつの看板商品。

DSC_4133

先日、帰省の際に買っていって食べてみたのですが、小張月はふわっとした感じの食感。そしてあんこがとてつもなくうまい。

DSC_4136

海士たるも食べてみました。

DSC_4140

材料は、なんとこれだけ。

DSC_4141

樽を模した最中に「海士たる」と書いてある。

DSC_4146

さっくりとした最中、不思議にもちっとした濃いあんこ。めちゃくちゃうまい。一発で、このあんこに惚れました。これはうまい、別格だな…と思っていたら、

DSC_4080

店の壁には「神前に御奉納相成り」って賞状が!「うちのじいさんが創業して、明治天皇の皇太后へ供えるお菓子に選ばれたんだよ〜」と教えてくれたのは店主の奥田さん。ええ!?全国数多の中から選ばれたお菓子だったのか。

小張月・海士たるに込められた思い

DSC_4095

小張月と海士たる、箱のデザインも格好いい。「昔、牟岐の美術の先生が当時の牟岐の情景を描いてくれたんよ」という絵は、僕には見慣れないものが…あれ?こんなところに白い灯台あったっけ?

DSC_4106

このアングルだと、出羽島連絡船乗り場のある漁港の先の突堤ですが…

「昔な〜、ここに『白灯台』っていうのがあったんよ」「他にも、ほら、櫓と櫂で漕ぐ木船が、エンジン船の前には漁や貨物に使われとった」

ほんとだ!船に積んでるのは、網ですね。

DSC_4107

海士たるの絵には、海に浮かぶ樽。……樽?獲った貝を入れる桶ならわかるけど、これは一体?

「牟岐の海士は、一般的な海人、海女とは違う『海のさむらい』なんや。荒波の中、限られた時間にたくさん潜って獲ってくるにはどうすればいいか?この樽は、肉体の酷使が並大抵ではない海士が、体力の消耗を抑えるために掴まって浮かぶためのものだったんよ」

樽を描いたのはこんな理由だったのですね。そうやって昔から続いてきた姿が、今の牟岐の姿なんだなと感じます。
怒涛の一斉出港!3月解禁、牟岐のアワビ漁 |六角舎(ヘキシャ)

DSC_4125

「じいさんの代から続けられているのは、この牟岐の町でやってきたから。昔からの牟岐の町の風景を、暮らしをお菓子を通して伝えることで『美味しい』『嬉しい』『懐かしい』って思ってもらえることが一番のやりがいなんや。だから、いつも『変わらない美味しさをなるべく安い値段で』届けたいと思って、パンやお菓子を作ってるんよ。」

以上が奥田さんの話してくれたこと。めっちゃ格好いい職人の言葉だ。

DSC_4102

ということで、取材させていただいた後はパンとお菓子を買って帰りました。いつものにこやかにパンやお菓子を並べている姿からは想像できなかった、奥田さんの牟岐への熱い愛を感じる取材でした。

DSC_4104

ちなみに、小張月や海士たるの中身とは違いますが、ふくまつ特製のあんこも販売しています。

DSC_4116

もうすぐクリスマス。オリジナルケーキも予約受付中ですよ〜!

フレッシュベーカリーふくまつ 詳細情報

DSC_4048

【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】毎週火曜日
【電話番号】0884−72ー3222
【駐車場】店舗北側スペース、ドコモ駐車場、セブン-イレブン駐車場が利用可