牟岐町でベンガラ染めワークショップを行いますよー!

牟岐町でベンガラ染めワークショップを行いますよー!

今週金曜日に牟岐町地域活性化センターでこんなイベントを行いますよー。

ベンガラ染めワークショップ

藍染めや柿渋染めに馴染みはあっても、このベンガラ染めにはなかなか馴染みがないのではないでしょうか?実はこれ日本古来の伝統文化だというから非常に面白いんですよね。そんな「面白いコト」を今回牟岐町地域活性化センターで行うことになりました。

12183953 902075269875824 592396812904741908 o

ベンガラって何?

ベンガラって何って思われると思うんですが、ベンガラとはこんなモノなんです。

ベンガラとは 土から取れる成分(酸化鉄)で紅殻、弁柄とも呼ばれ語源はインドのベンガル地方より伝来したことからそう呼ばれています。日本の暮らしにも古くから根付いている素材で陶器や漆器、また防虫、防腐の機能性から家屋のベンガラ塗りとしても使用されてきました。

ラスコーやアルタミラの洞窟壁画にもみられ旧石器時代から使われた最古の顔料であり古代色です。経年変化に強く、日光による褪色がないことも特徴で昨今では無害であることから天然素材として見直され繊維製品への染色、オーガニック製品にも使用されるようになりました。

地球上に一番多く存在する「赤色」は酸化鉄といわれています。人類にとって身近な色であり、土から取れた古代色「ベンガラ」は大地の色であり日本の暮らしを彩る色なのです。

実は昔から日本にある伝統文化なんですよね。今の日本で、特に牟岐町のような田舎ではこうした貴重な日本文化を「知って実際に体験する」ことって非常に大切なことだと感じておりますので、今回はこんな企画を立ち上げてみました。

みなさん是非「知って体験」していただけたらなと思っております。それをヒントにナリワイにしてみたりする人が町に増えたらボクは面白い町になると感じます。

また、今回講師をしてくれるのは世界を飛び回ってきた非常に経験豊富な方なので、ベンガラ染めを体験しながら色々お話を伺って、是非刺激を受けていただけたらなとも思っております。

ワークショップ詳細

▼日時:11月20日(金)12:00〜19:00
▼場所 徳島県牟岐町河内 牟岐町地域活性化センター(旧河内小学校)
▼参加費 お一人様 1,500縁(手ぬぐい1枚付き)
▼所要時間:30分〜1時間半程度
▼定員 10〜20名程度を予定(見学は自由)

ありがたいことに現在多くの方から「やってみたい!」とお声がけを頂いておりますが、当日は平日ということもあり、どのぐらいの人数が来られるのかハッキリしない部分があります。もし確実に体験したいという方がおりましたら「◯時に行くよ!」とご連絡いただけたらと思います。

enigamid@gmail.com 小林まで。

講師となりたい方募集中!

そうそう、今回のこのイベントは町外からおいでくださいますが、町外に限らず町内からも講師となっていただける方を募集しておりますので、もし「私も何か出来そうだ!」と思われる方は、牟岐町地域おこし協力隊小林まで是非お声がけを。

例えば竹を使ったワークショップとかいいですよね。日本は竹が有り余ってますし、竹の可能性はすごいですしね。

 

記事を書いた人

小林大介
牟岐町に2014年9月に移住。現在は牟岐町地域おこし協力隊として活動中。六角舎(ヘキシャ)のシステム構築、運営、管理を担当。プロジェクトリーダーでもある。