炭火で鳴門金時の焼き芋はいかが!?徳島が誇る特産品を、手軽に贅沢に味わう方法を探る

炭火で鳴門金時の焼き芋はいかが!?徳島が誇る特産品を、手軽に贅沢に味わう方法を探る

徳島県の名物の一つに、「鳴門金時」という、めっちゃうまいさつまいもの品種があります。県内全域、もちろん牟岐町でも例外なく人気です。今回は鳴門金時の焼き芋を、面白い方法で作ってみたので紹介しましょう。

この時期、さつまいもの話題は必ずどこかで耳にしますね。牟岐のスーパーでも箱で置いてあります。ですが僕は、鳴門金時は名前だけでしか知らなかったのです。グーグルの画像検索で見てみるとこんな感じ。

鳴門金時

いやあ、うまそうですね~。そして先日、佐那河内村へ訪れた際。鳴門金時をいただいてしまいました!

DSC_2828

しかも集荷コンテナにいっぱい。小ぶりのサイズは家庭での調理にぴったりです。

よし!持ち帰って早速オーブントースターで焼き芋にしよう!と思ったところ!トースターは!壊れておりました!この野郎!

…ああ困った。

IMG_7754

そこで、こんなマシンをこしらえてみました。

IMG_7753

そうです。炭火です。

IMG_7760

マシンに入れて30分経過しました。鳴門金時はこのとおり。

IMG_7763

どうですか、ほっくほくのゴールド。先ほどの画像検索結果と寸分たがわない、金色の光です。

IMG_7762

うまいうまいと、六角舎一同も大喜び。

また、せっかくなのでこのマシンを使い、地元のうまいもんを炙り焼きしてみることに。

IMG_7771

おなじみ、軽く炙れば最高のつまみになる、泉源のうるめいわし。
[お土産] 牟岐の老舗干物屋「泉源」でも干物や珍味は購入出来ます!

IMG_7776

IMG_7779

少し炙りすぎましたが、え~え香りが出てます。炭火で焼くと格別のうまさ。

IMG_7770

こちらは肉のうまみが半端なくすごい、徳島の地鶏「阿波尾鶏」。

IMG_7788

IMG_7792

たまらなくうまそうな色づき。こちらも炭火の風味に覆われて、たまらなくうまいですね。

 

いかがでしょうか。ご覧になっている100人中100人が食べたくなるように紹介してみました。

IMG_7754

それもこれも、全部「炭」の力がキーポイント。ただ、いくらうまくても「メンドイのはイヤ」というのが現代人の常。

欲張りな現代人にもぴったり合うよう、現在開発中なのがこのマシンなのです。めんどくさい「準備」「片付け」の部分をなんと「放置」でOKという、自堕落な省コストなマシンです。しかし炭が熾るまでしばらく煙いので、都市部で使うには改良が必要ですね。

IMG_7766

動力源は、炭。実は、牟岐のとある職人によって作られた、ウバメガシの備長炭です。詳細記事は、近日掲載予定。

IMG_7767

スターターはこれ。海陽町の大里海岸にてゲットしたものです。

しめて、原価は数百円。なお、システムはここには書きませんのでヘキシャまで直接聞きに来てください。

うまいものを、「いつでもどこでも」「楽に」「贅沢に」「ライフラインが途絶えても」「楽しく」味わうことが可能な、炭火というチョイス。地域おこし協力隊2年目の冬は、これを武器に色々展開していこうと思っておりますので、皆さんお楽しみに。

 

 

記事を書いた人

上谷 祥利
上谷 祥利
担当:密着取材、広報、ズッコケ担当

偶然訪れた出羽島に惹き込まれたことが機で、北海道から牟岐町へ移住した男。からだを動かすことが好きでマリンスポーツに挑戦中!しかし「寒い」「怖い」「痛そう」等のビビリ文句を発する度に、主に女性陣からの失笑を買う体たらくである。
色んな所で叩き込んできた文章構成力・生来の柔軟な発想力の2枚看板を武器に、グッと目を引きつける記事を送り出していく。