牟岐中・六角舎のライター体験講座で、学校内の記事を書いてくれました!

牟岐中・六角舎のライター体験講座で、学校内の記事を書いてくれました!

牟岐中では、総合学習の授業で「地域を盛り上げようぜコース」があり、第1学期には学校内で取材して六角舎の記事を作ってみる講座を開講。みんなが写真を撮ったり文章を練ったりと、めちゃくちゃ頑張って仕上げた記事を、ここで少しだけ紹介してみましょう。

 

こんな感じの授業風景です

今年の新学期から夏休みに入るまでの間に、六角舎のライター体験講座・ファーストシーズンを約10週に渡り開催。

以下は関連記事です。

六角舎|牟岐中で、六角舎のライター体験講座が始まりました!

取材は中学校から、隣の小学校、保育園までを自由に行き来し、その後PCルームにて編集・執筆作業。

IMG_3384

IMG_3379

IMG_3382

IMG_3389

いや~、みんな飲み込みが早い。カメラやPCの操作、写真の選考や文章の練上げなどなど色々やることがあるのですが、基本的な動作を伝えたあとは「触って覚えている」感じでした。

 

中学生の記事、ダイジェスト版でお届け

それでは、みんなの記事をお送りしましょう!

<   白木七虹さん   >

IMG_2427

牟岐小学校のスロ-ガン    たくましく やさしく ねばりづよく そだてむぎっ子

中学校や小学校との交流の様子を掲示しています

ここは皆がよく使う廊下にあるのでぱっと目に止まっていいですね

いつもはあまり見ないのでじっくり見てみると面白いです

IMG_2404

IMG_2402

新しい小学校校舎の、廊下の様子を取材。保育園・小学校・中学校が隣同士で、その交流の様子がこんなにたくさん掲示されているんですね。読み手にも「今度見に行ってみようかな」と思わせる文章が素晴らしいです。全文では廊下・玄関の風景をきれいにまとめあげています。

<   eb君   >
鯉や金魚などが放し飼いされている池です。
この日は、生憎の雨だったので、きれいに写真が撮れませんでした。

DSC_1522

まだこちらに気づいてないので水面に、上がってきてます。

DSC_1516

脇にきのこが生えた木がありました。バックに先生もいます。

DSC_1548

中山さんがやって来ました

DSC_1552
DSC_0000

中学校の前庭の池周辺での取材。写真に収めた鯉の動きの流れを、文章で上手く説明しているのが素晴らしい。そして不意に出現する中山君のショット・輪郭の切り出しの合わせ技が、強烈なインパクトを出してます。

<   ずっちー   >
???????????????????????????????
総合の時間に技術室にいきました。みんな何をしているのかが、ぼくはわからないけど、楽しそうにしていました。ぼくもなんか作りたくなってきました。

総合学習授業の別のコースである、技術実習に突撃した取材レポート。僕自身も感じたのですが、「みんな何してるのか気になる!」と思いませんか!?見えそうで見えないというところも絶妙。写真、文章は少なめですが、読み手に「気になる」と思わせますね。

<   木下緋色君   >
ちょうどおやつタイムでしたー。
まず青組さん

みんなとてもおいしそうに食べてます。
僕も3時のおやつほしいです。
P1050799
みんな楽しそうに食べてます。
お話しながら食べてます。

次に笹組さん

おやつを食べ終わって帰りの準備
P1050805
帰りの準備ができたらブロックで遊んでます。
ブロックでたくさん作って遊ぶそうです。

午後の、牟岐の保育園での子ども達のひとときを取材。写真を見ても、本当に子ども達ってみなそれぞれ色んなことをして楽しんでるなあと感じられますね。そして全文では青組から白組まで全てを記事にしてまして、各組での表情の切り取り方が良かったです。

<   Kyao   >
IMG_0628
いやぁ~、小学校の玄関がこんなにきれいでうらやましいですね~。
デザインや配置がかっこよくて、一度でいいからこの玄関を通って登校したいな~~。
後一年早くこの学校が建てられていたら通えていたのに~~。くやしい~~~。
終わったことは仕方ないです。
(´・ω・`)
IMG_0623

余りにもかっこよかったので、色々な角度で写真をとってみました。
o(^o^)o
上からとったり、
下からとったり、
斜めにしてとったりしてみました!
自分が言うのもなんですけど、
結構いい出来だと思います。
(〃’▽’〃)
IMG_0622
しかし、残念なことにこの日
雨だったんです。(´・ω・`)
はあ~、ちょっと悲しいです。

機会があれば晴れた日に
もっと違う角度や位置から
たくさんとりたいです。
最後に、僕はこの玄関に惚れました。
( ̄∇ ̄)

新しい小学校の玄関を取材。なんと被写体は一つという記事なのですが、角度を変えた写真を使い、さらに文章で彩ることで、厚みがあって読み応えが出てます。やっぱり新しい設備や施設に先輩として憧れてしまうのは、同じような経験があるのでその感覚がわかります。

<   福岡愛梨さん   >
牟岐保育園に、おじゃましました。中学校なら、授業中なのに保育園ではおやつ時でした
CIMG7122
突然の、訪問にびっくりしていました。最初におじゃました、黄組さんには一人しか男の子がいませんでした。すごく少子化を、感じます。
そういえば今日のおやつは、リンゴパイでした。

CIMG7129
今も変わらず、おやつにはミルクが付いているんですね。私のときは、ミルクが嫌いでよく残していました。(~_~;)
おやつのあとは、それぞれ遊んでいました。
CIMG7143

午後の、牟岐の保育園での子ども達のひとときを取材。突然の訪問にびっくりしつつも興味津々な子ども達の表情、おやつを食べる美味しそうな表情と、良い瞬間をカメラに収めてます。中学生の立場から見ると、やっぱり保育園時代の思い出や、時代の移り変わりなどを感じますよね。

<   N.タクマ   >
IMG_4277
今回は、茶道の様子をお届けします。お邪魔すると、生け花をしていました。
上のひまわりの作品が久保君の作品です。風情があってとてもいいですね。
IMG_4275
IMG_4344
IMG_4305
さて、本題のお茶が始まりました。
今回のお菓子は八つ橋でした。とても、おいしそうでした。
甘いお菓子の後はお茶でいっぷく、これがまた最高です!!

総合学習授業の別のコースである、茶道教室の様子を取材。お茶を点てるところ、お菓子、お茶を嗜む同輩達という感じにピンポイントに被写体を撮っていて、シンプルかつわかりやすい構成が良いですね。全文では、文章が起承転結に構成されていて記事らしさ満点です。

<   りりさん   >
CIMG1826
牟岐小学校5年生のチーム名,  “チームEGAO”
笑顔あふれるすてきな名前ですね!
5年生のみんなは、実際に笑顔いっぱいでした♫
小学生、かわいかったです!
CIMG1831
教室の前の窓に、掲示してありました。
思いつくままに絵を描くって、きっと楽しいことですよね。
みんなが、感じたことを表現できたら良いですね(≧∀≦)
私も、花の絵を描きたくなりました♪
CIMG1827
6年生は、元気で明るくておもしろい!!
全員が仲良くて、すてきなクラスだなと思いました!
写真を取りに行ったとき、私自身も元気をもらいました。
みんな、元気くれてありがとう!

小学校へ行って、主に5,6年生のクラスの様子を取材しています。“笑顔”“元気”というポジティブなワードを、撮影した写真・紹介文で全面に出し、読み手までポジティブにさせてくれる記事ですね。うーん、牟岐の町民全員が、この子ども達くらい元気だったら素晴らしいだろうな~。

<   田中君   >
P1010020
これは牟岐中の校歌です
校歌を歌うのがしんどくなってきます。
P1010030
これは校訓です
この一番左はなんと読むでしょう。読めるとすごいですよ。
これはかんいと読みます。
右はあいちです。まんなかはじちとよみます。
P1010012
外にこういう物があったとはぼくもしらなかったです。
草がぼうぼうで見えねー
草かれよー
見えないだろー
P1010009
これは中学校のうらのとんぼ公園です。

中学校にある、校歌や校訓の碑文を探索した取材の様子です。どの写真もはっきり見やすくて、「構図取り」「光の当たり加減」「的確なピント合わせ」といったカメラワークの良さが際立ってますね。そして文章に込められた、どストレートな意見・感想が、個人的にはめっちゃ好きです。ちなみに校訓の石碑は今はきれいに草刈りされてました。

 

というわけで、特色ある面白い記事にしてくれました!こうやって色んな人が情報発信していくことが、牟岐にとってプラスに作用していくのです。

第2学期は、町へ繰り出します!

六角舎体験講座は、なんと第2学期も開催予定。セカンドシーズンでは中学生達が、いつもの六角舎と同じように町中へ“牟岐のええもん”を取材しに行きます!どこに行くのか楽しみですね~。また、「ここええよ!」「この人の話、聞いとき!」という情報がありましたら、ぜひぜひお寄せ下さい。

 

牟岐町立牟岐中学校 詳細


【電話番号】0884-72-0066

記事を書いた人

上谷 祥利
上谷 祥利
担当:密着取材、広報、ズッコケ担当

偶然訪れた出羽島に惹き込まれたことが機で、北海道から牟岐町へ移住した男。からだを動かすことが好きでマリンスポーツに挑戦中!しかし「寒い」「怖い」「痛そう」等のビビリ文句を発する度に、主に女性陣からの失笑を買う体たらくである。
色んな所で叩き込んできた文章構成力・生来の柔軟な発想力の2枚看板を武器に、グッと目を引きつける記事を送り出していく。