静かな店内で、ゆったり落ち着ける!レスト喫茶kimi

静かな店内で、ゆったり落ち着ける!レスト喫茶kimi

牟岐の町なか、国道沿いにある老舗の喫茶店へ行ってきました。このお店での静かなひとときを紹介しましょう。

 

牟岐駅から一番近くの喫茶店

お店は、牟岐駅を出てすぐの国道55線を、右に100mほどいくと左手にあります。

IMG_6165

こちらが入り口。落ち着いた佇まいのオーソドックスな喫茶店ですね。まだ暑い時期だったので、かき氷もあるようです。IMG_6172

道路からもよく目立つ看板には「レスト喫茶kimi」の文字。オーナーのお名前から取った店名なんです。

IMG_6178

カラーンと鳴るドアを開けて店内へ。ゆったりしたソファ型の座席、壁の間接照明、観葉植物の鉢植え。喫茶店の王道、といったイメージです。時刻はお昼をとうに過ぎていたので、僕以外にはお客さんは1人でした。

IMG_6182

今度は店の奥から。椅子は全部でざっと35席くらいで、シンプルなボックス席とカウンターがいくつか。陽射しも適度に抑えられ、過ごしやすいところですね。壁も厚いのか、国道の走行音もほとんどしないのでめっちゃ静か。

IMG_6186

テーブルはほぼスタンダードな感じですが、例外発見。 なんと!懐かしきテーブル筐体。ですが、随分前に壊れてしまい動作はしないみたいです。

IMG_6189

おしゃれな本棚には漫画、週刊誌がいっぱいです。

IMG_6192

わりとメジャーな漫画が多い。もし時間があったら、僕は「こち亀」「マスター・キートン」「BECK」を読みだすと思います。

 

定食を注文し、国道をボーっと眺める

IMG_6195
お昼ごはんを食べに来たので、早速注文。定食、ピラフ、トースト、グラタン…とメニューはかなり多め。A,B,C,Dコンビネーション定食は、かなりガッツリ系ですね。今回は、いつもと同じく定食を注文。今度ピラフも食べたい。

IMG_6199

飲み物も、オールジャンルにあります。ミルクセーキ、ミックスジュース、宇治金時などうまそう。また、モーニングもやってます。価格・セット内容も、名古屋並にお得なんですね。

IMG_6203

国道側の席に座り、ぼーっと車を眺めたりオーナーの大津さんと話したり。喫茶kimiは今年で開店40周年、そしてちょうどもうすぐ記念日を迎えるとのことです。40年もの間、続けていくのって本当にすごいことですよね。また僕は鉢合わせたことはないのですが、大津さんの同級生の白木さん、西澤勝國さん達もよくいらっしゃるそうです。

IMG_6210

しばらく後、やってきましたのはトンカツ定食!

IMG_6214

カラッと揚げたてのカツにデミグラスソースがかかって、文句なしにうまい。半熟の目玉焼き、サラダ、福神漬付きのライス、豆腐とわかめの味噌汁もグーです。

IMG_6222

というわけで残らず完食。どこにでもあるけれど間違いなくうまい、そんな食事をとりたい時に非常におすすめですね。

IMG_6226

食後は、熱いコーヒーで静かなひととき。ちっちゃいミルク入れがとても良い印象です。ソファにゆったり座って、外を眺めながらコーヒーを飲む。午後の贅沢を味わったのち、リフレッシュして仕事に戻るのでした。

 

喫茶kimi詳細情報

【営業時間】9:00~20:00
【定休日】第三日曜日
【駐車場】店の前に3~4台
【電話番号】0884-72-1936

記事を書いた人

上谷 祥利
上谷 祥利
担当:密着取材、広報、ズッコケ担当

偶然訪れた出羽島に惹き込まれたことが機で、北海道から牟岐町へ移住した男。からだを動かすことが好きでマリンスポーツに挑戦中!しかし「寒い」「怖い」「痛そう」等のビビリ文句を発する度に、主に女性陣からの失笑を買う体たらくである。
色んな所で叩き込んできた文章構成力・生来の柔軟な発想力の2枚看板を武器に、グッと目を引きつける記事を送り出していく。