8/8に開催!牟岐の夏祭り・姫神祭2015のお知らせ

8/8に開催!牟岐の夏祭り・姫神祭2015のお知らせ

牟岐町も夏祭りのシーズンになり、町中で見かけるのは「姫神祭」のポスター。いったいどんな祭りなのか?開催前の様子と共にご紹介していきましょう。

どんな祭り?

ついに8月に入り、徳島県南も本格的な暑さに見舞われつつあります。そして祭りのシーズンなので、各地で祭りが始まってますね。牟岐町でも夏の祭りが開催されますが、これがそのポスター。

IMG_4748

「姫神祭」という祭りなのです。

20150716姫神ポスター_resize

大きな花火、阿波踊り、海上をゆく船群の写真が目立ってます。当日のイベントスケジュールを見ると、午前中からほぼ一日中イベントが開催されるという盛りだくさんぶりです。祭りは出店やイベントもいいですが、何よりも「祭りの雰囲気」が僕は好きなので、どんな感じになるのか楽しみですね。

気になるので、少しだけ昨年の写真を見てしまいました。

IMG_9289

大漁旗を掲げて進む船群。これは迫力ありそう。真ん中の船に乗っているものは何でしょうか?

IMG_0701

大きな岩の上に何人か乗っていますね。何が始まるのでしょうか?

IMG_0924

夜の縁日の様子。提灯の灯りがまたいいですね。

IMG_1177

おお。花火もこんなに綺麗に見られるようです。しかもかなり近い。

いや~、めっちゃ面白そうな夏祭りですね!当日が楽しみです。

数日前の町内の様子を見に行ってみることに

IMG_4755

ここは「西の浜」会場。まだガランとしていますが、当日夜は先ほどの写真みたいに、提灯の灯り・屋台の食べ物・たくさんの町の人で賑わいます。

IMG_4756

歩いていると、何やら演台らしきものを発見。

IMG_4760

町の大工さんの手で作られた、木製の特設舞台ですね。暖かみのある感じが素晴らしい。

IMG_4767

西の浜から東へ、牟岐川を渡ってすぐの八幡神社。こちらもいつもと変わらない姿でしたが、当日は神事を行ったり、阿波踊りの会場になったりと盛り上がりそうです。

IMG_4769

そしてセンターに帰ってくると、観光協会の庄野さん、産業課の一山さん・久保さんが準備に大忙しの様子でした。

牟岐大島はこんな感じに

DSC_1665

実はこの1週間ほど前、別の場所の準備へ行っていたのでその時の様子もご紹介。

DSC_1673

船にほうきや草刈機を積み、向かう先は…

DSC_1672

ここ、牟岐大島ですね。ものすごく穏やかで、凪いでいる日でした。

DSC_1679

大島の内湾に進むと、突き当りには神社があるのです。この神社の清掃のために、特別に上陸しました。

20150729_084835

20150729_084852

20150729_084928

20150729_085040

八百万の神の住むと言われる日本でも、こんな景色の神社は他にないのではと思います。

20150729_092114

大島内湾には、先客がちらほらいました。手前の浅瀬では、ダイビングをやってます。

20150729_092230

奥の浜では小さい子が大勢で遊んでますね。祭りを筆頭に、牟岐のシーズンは「夏」といえますね。

 

ということで、姫神祭の始まる前の牟岐町の様子をお届けしました。年に一度の大イベントで、町内いたるところで面白そうなものを準備しています。当日は僕も阿波踊りの連で参加する予定です。もちろん町外からの来客も大歓迎!ぐるりと廻って楽しむのもいいですし、各イベントの参加は当日飛び込み参加でもOK。そして、町内の人をして「牟岐の花火はやっぱりええなあ」と言わしめる納涼花火までお見逃しなく!

 

姫神祭 詳細

20150716姫神ポスター_resize

[主催:牟岐町観光協会/後援:牟岐町阿波踊り振興会]

[問い合わせ先:

牟岐町産業課内牟岐町観光協会 0884-72-3420

牟岐町地域活性化センター 0884-72-0058]

*イベントは一般参加可能なものもたくさん有り!特に「みこし」「子どもみこし」「海上パレード」はオススメです!(一部有料)
*当日のお問い合せは、牟岐町役場付近に設置される祭本部までどうぞ。
*混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってお越しくださいね。

記事を書いた人

上谷 祥利
上谷 祥利
担当:密着取材、広報、ズッコケ担当

偶然訪れた出羽島に惹き込まれたことが機で、北海道から牟岐町へ移住した男。からだを動かすことが好きでマリンスポーツに挑戦中!しかし「寒い」「怖い」「痛そう」等のビビリ文句を発する度に、主に女性陣からの失笑を買う体たらくである。
色んな所で叩き込んできた文章構成力・生来の柔軟な発想力の2枚看板を武器に、グッと目を引きつける記事を送り出していく。