出羽島の出島さん直伝。苔玉つくり体験。-苔玉つくっちゃいました-

出羽島の出島さん直伝。苔玉つくり体験。-苔玉つくっちゃいました-

出羽島にある一軒のお家の庭先で出逢った、緑で丸っこい【苔玉】。
【私も作りたい・育てたい】で作り方やらを必死に聞いたら、自己流の作り方を伝授して頂くことに。
出羽島で暮らす物つくりが好きな出島さんに苔玉作りを習いに渡ってきました。

 

手先が器用な出島さん

出島さんは昔運搬船の機関士として約5年間働いた後、島に戻り漁師をはじめ延縄漁を中心に漁を行っていました。
漁師をはじめてから約36年経った時に突然病気にかかり島での療養生活が始まりました。
元々、じっとしてられない性格の出島さんは、

「ぽけーと居るんも退屈なけん、色々作って暇つぶししよんよ」

と語る出島さんの暇つぶしはすごい。

 

例えばこれ。ボトルシップ(ウイスキーなどの空き瓶の中に船が入っている作品)
これさえも暇つぶしで作っている出島さん…。すごい。
このボトルシップについても詳しく紹介していけたらと思っております。

DSC_0367

出羽島で出逢った苔玉

今回私が出島さん宅にて釘づけになったのは、緑の丸っこい【苔玉】。
これも長年こつこつと作って可愛く育ててきた出島コレクションのひとつ。

DSC_0440

植物を育てるというより、植物を枯らす方が得意な私。

DSC_0435

育てたい気持ちと枯らす自信しかないことを出島さんに伝えると…。
数ある苔玉コレクションを順々に見せてくれながら、

「こんなん枯らす方が難しいわ」

となんともプレッシャーな一言…。その言葉を信じて、苔玉の作り方を伝授してもらいました。

DSC_0346

苔玉 作る

苔玉と聞いたら、粘度質の土を丸める。植木を植えこむ。苔を張り付けて固定する。といった工程が思いつくのですが、出島さんの苔玉はオリジナル!これらの材料を使用します。

DSC_0379

今回作るうえで重要になるのが発泡スチロール。土のかわりに発砲スチロールを使うの巻。
ここが出島流苔玉作りのポイント。牟岐の家の前に発泡スチロール容器を花壇にしている光景をよく見かけていたのヒントに思いついた方法。

DSC_0475

発泡スチロールを円球に削り、草木を植えれるように中をくり抜く。これが苔玉の土台になるっちゅう訳ですね。

IMG_6340

出島さん宅脇でひたすら真剣に教わりました。ちなみに手前に吊っている植木もお手製。ちなみに風蘭。

IMG_6333

発砲が見えないように苔で覆う。この時も出島流のポイント。みかんネットを使うの巻。

IMG_6363

「ネットつこたら、苔が剥がれ落ちんでいいんよ!しっかり揉みこむんよ」

つまり、苔のパーツを剥がれにくくするためにみかんネットを使って苔をある程度くっつけておく作業。

IMG_6354

さらにしっかり固定する為に糸でぐるぐる巻きに巻く。

IMG_6370

この時に注意!
くり抜いた部分を上に来るようにして、苔や糸が穴にかからないように。

IMG_6375

穴に土と少しの肥料を入れて、好きな草木を植えて苔で覆ったら完成。

IMG_6383

器に苔玉を置いてしっかり水やりをしたら、苔も落ちついてきて、雑草や枯れた苔を抜いたら綺麗に青々とした立派な苔玉ちゃんになってくれました。

DSCF6239

苔玉体験教室開きました

図書館スタッフの皆様のご協力の元、早速「出島さん直伝苔玉体験教室」を開催しました。
なんとまー予約の時点で20名以上の方が参加予定。教室当日は26名の方が参加してくれました。

IMG_3060

予想以上の人数にびっくりたじたじながらも、先生やらせていただきました。

DSCF6215

皆様真剣に聞いて頂き、なおかつ先生とまで呼んでいただき、恐縮です。

IMG_2994

家族連れからお友達同士、飛び込み参加の方と皆さんわいわいお喋りしもって、楽しみながら参加してくれました。

IMG_3109

普段から裁縫や工作など手作業が得意な方達だったので、作業も順調に進んでなおかつ皆さんお喋りしながら手も動かしつつ、綺麗に作り上げられるのですごいの一言。

IMG_3135

着々とスムーズに作業も進んで、それぞれ味のある苔玉が完成しました。

IMG_3149

自分で草木を持参した方もおられたり、

IMG_3165

用意していた草木をアレンジして植えたり、草木を分けあったり、参加者同士でも色々と交流しながらわいわい楽しく教室をすることが出来ました。

IMG_3167

「こりゃぁ簡単やから家帰ったら作るわ。」
「器は瀬戸焼のいいのんがあるからそれにしよう。」
「吊るしてもいい感じなるねぇ~。」
「あの植木があるけ、あれ植えて玄関に飾ったらいいねぇ~。」

などなど、今後もお家苔玉族が増えて行きそうな予感です!

IMG_3180

苔玉作りに関する本も牟岐図書館に何冊か置いてあります。興味がある方はぜひ。

11150143_639442956186585_4395803447382189117_n

今後も続けていくように

今回初めてワークショップとなるものを開かせてもらいました。
参加者の方からも、今回参加出来なかった方も、またやってほしいとの声も嬉しいながら聞かせてもらいました。
今後も色んな体験を経験出来るような場所を開催していけるようにと考えています。
こんな体験がしたい、こんな体験を教えれます、等あればお聞かせ下さい。

苔玉可愛い

 

記事を書いた人

minami.
minami.
名前、(アヤコ)でありません。(サイコ)です。日本海は島根産まれの田舎好き。
牟岐での呼び名は(ミナミ)。牟岐では(ミナミ)が本名だと思っとる人のが多いです。
なんとな~くが好き。字を描いたり・海を潜ったり・平日大工したり・動物(主に猫)とじゃれ合ったり。
町をなんとな~く散歩しておじいおばあと井戸端会議で情報収集。担当。
牟岐で撮った色々と自分ぽいを混ぜたもんを見てもらえるやにこつこつやってきます。