徳島のソウルフード!金時豆入りのお好み焼き「まめ玉」

徳島のソウルフード!金時豆入りのお好み焼き「まめ玉」

先日いつのものようにお昼にお好み焼き屋さん「Boo」へと足を運んだ時に、非常に変わったメニューを食べてみたのでここに紹介しておきましょう。

「まめ玉」とはなんだ?

お昼にお好み焼き屋さんBooに食べに行くことが多いのですが、実は前から気になっていたメニューがあります。それは「まめ玉」。

IMG 20150401 131952

スタンダードなブタ玉やイカ玉、エビ玉の中に紛れて非常に変わったメニューですね。

「おばちゃん、この”まめ玉”って何?」と聞いてみると、「金時豆が入っとんよ。徳島市の方ではお好み焼きに入れて食べるけんな。こっち(徳島の南下)のほうではバラ寿司に入っとることが多いやけんどな」と。

む!ちょっと待て!まめ玉に行き着く前に、「バラ寿司…バラ寿司…バラ寿司ってなんだ?」とも考えてしまったが、ここはなんとか自力でクリア出来た。ちらし寿司のことですね。

IMG 0067

これは以前出羽島のワークショップの時にいただいた島そうめんとバラ寿司。確かに金時豆が入っているんですよね。写真でも確認できます。この甘さがアクセントになり美味しかったですね。

そしてまめ玉、まさかのお好み焼きに金時豆?合うのか?美味しいのか?インターネットで調べてみると金時豆を入れたお好み焼きは徳島市のソウルフードだと書いてるじゃないか。マジか。

金時豆を入れたお好み焼き「豆天玉焼き」は徳島市のソウルフードだ。金時豆の甘さとお好みソースの甘辛さが調和した癖になる味で、市内の多くのお好み焼き店のメニューに入っている。最近はご当地グルメとしての認知度も高まりつつあり、豆天玉焼きを食べるために県外からやって来る人も増え始めている。

徳島県は製塩業が盛んだった地域で、労働の疲れを癒やし、日ごろは珍しかった甘い物が好まれた。その一つが甘く煮込んだ金時豆で、ちらしずしの具に使われるなど徳島の家庭で親しまれている。戦後まもなく、お好み焼きにも入れられるようになったのが「豆天玉焼き」のルーツだ。

引用元
お好み焼きに金時豆 徳島の「豆天玉」  :日本経済新聞

なるほど納得。そんなルーツがあるわけなんですね。こうした歴史を知ると面白いですね。そして徳島県が好きになります。全体的に食べ物の味が濃いのもそうした理由なのでしょうかね。(ボクの出身の愛知県も濃いですが、徳島県はそれにも匹敵するぐらい濃い!)

…というわけで食べてみました。

IMG 20150401 131713

当たり前ですが、見た目は普通のお好み焼きです。

 

IMG 20150401 131843

中にはたくさんの金時豆が入っております。Booでは天ぷらははいってません。

食べてみた感想は「結構甘い」ですね。タレの甘さプラス金時豆の甘さで、ちょっとボクには甘すぎました。でも美味しかったですよ。なんだがお好み焼を食べているという感覚とはまた違った感覚を得ることが出来ましたね。お好み焼きの新境地。

疲れきった時とか、酒飲みながらなんかがいいかもしれませんね。

【営業時間】11:00〜20:00
【定休日】火曜日
【駐車場】なし

以前の記事
黒焼そばも食べられるお好み焼き屋さん「BOO(ブー)」 | 六角舎-ヘキシャ

記事を書いた人

小林大介
牟岐町に2014年9月に移住。現在は牟岐町地域おこし協力隊として活動中。六角舎(ヘキシャ)のシステム構築、運営、管理を担当。プロジェクトリーダーでもある。