ムギ・テバ アート展2015に来たならお土産屋寄って来いよぉ~。『雑貨編』

ムギ・テバ アート展2015に来たならお土産屋寄って来いよぉ~。『雑貨編』

現在開催中の「ムギ・テバ アート展2015」
アートに来たなら、徳島に来たなら、牟岐に来たなら、
来た思い出に、家で待っている家族に、友達に、彼女に、自分に、
牟岐のお土産、アート展のお土産はいかがですか?

お土産屋さんは[牟岐町活性化センター]にある

アート展期間中限定営業『お土産屋さん』は牟岐町地域活性化センター(旧河内小)内、
教室(元職員室)を利用して営業してます。
毎朝am9:00~pm16:00まで。
期間中は休まず元気に、土日祝もやっております。
雑貨編02

 

 

お土産をご紹介。『雑貨編』

色々な種類の雑貨も置いてます!
お気に入りのものがあればいいなぁ~
雑貨編03

 

 

アート展参加作家雑貨

今回のアート展に展示している作家さんの品物も販売中です。
展示会場で見た作品がお土産として買えちゃいます。

 

 

(れもんワークスグッズ):展示 旧鬼が岩屋温泉脱衣所

カウンターに壁にずらっと揃ってます。
女子がわくわくしそうなヘアグッズはガラスやフェルトを使って可愛い商品だらけです。
自分にも彼女にも奥さんへのプレゼントにもいいかも!
雑貨編04

 

(ひらかわひろこグッズ):展示 牟岐川の河原

ことばあそびが楽しいひらかわさんの作品。グッズ。
商品にもことばが、ただしなんかどこか違うような…?
ことばがグッズになりました。
雑貨編05

 

(村上武士グッズ):展示 活性化センター2階1年生教室

牟岐町在中でもある武士さん。
普段何となく見ているものが武士ワールドの中で描かれてます。
素朴なタッチがなんだか惹かれる。
雑貨編06

雑貨編07

 

(高田有季子グッズ):展示 活性化センター2階5年生教室

教室を使って展示されている髙田さんの空間は昔を思い返せるような素敵な空間。
昔を思い出しながら席に座って本を読んで。
牟岐を舞台に出会った人、出来事を物語にて本が出来ました。
展示されている本を買う事が出来ます。
雑貨編08

 

(谷郁子グッズ):展示 活性化センター2階2年生教室

徳島といえば藍染。
染織家の谷さんがひとつひとつ丁寧に染めた藍染ストールです。
柄・色・素材がそれぞれ違うので好きな一枚を。
雑貨編09

 

(牟岐笹見むくの木グッズ)

牟岐町指定天然記念物 笹見のむくの木。
笹見地区の人たちが昔から大事にお世話してきた笹見のシンボル。
町民にも町外にも沢山の人達にしてもらいたい!と数年前にお酒を制作。
今回アート展に合わせてリニューアルしました!(※活性化センターでは販売できません。)
55沿い岡崎商店・ポルトむぎにて販売です。
雑貨編11

お酒に合わせて、むくの木ステッカーも新しく制作。
色あせもしないので車にはっても大丈夫です。
むぎのお土産にいかがですか?
雑貨編10

 

牟岐町出身、在中作家雑貨

むぎ町民の方が作った手作り雑貨品も販売中!!
手先が器用な人が本当に多い牟岐町。
100%ハンドメイド品。お気に入りを見つけて下さい。

 

鳥や花や女の子をモチーフとしたブローチやポストカード。
雑貨編12

 

 

牟岐町出身の絵描きさんが描く牟岐町内、出羽島の風景パネル。
雑貨編13

 

一つ一つ丁寧に編みストラップも種類さまざま。
雑貨編14

 

海沿いならでは。
貝に貝の欠片になかなか珍しいサメの歯を使ったグッズ。
雑貨編18

 

珍しい畳の縁を使って縫ったトートバック・ティッシュケース、小物入れ。
雑貨編15

 

巾着や手提げかばん・アクリルたわし。
アイディアが満載ネコちゃんはさみも人気。
雑貨編20

 

歌う事が大好きな元漁師さんが自分で作詞作曲したCD。
雑貨編16

 

その名も牟岐笑海賊団。
種類豊富な品柄おいてます。
雑貨編17

 

 

まだ紹介しきれていない商品もあります!
ぜひみなさんお越しください。
皆さんのお越しを牟岐でお待ちしております。
雑貨編19

 

 

記事を書いた人

minami.
minami.
名前、(アヤコ)でありません。(サイコ)です。日本海は島根産まれの田舎好き。
牟岐での呼び名は(ミナミ)。牟岐では(ミナミ)が本名だと思っとる人のが多いです。
なんとな~くが好き。字を描いたり・海を潜ったり・平日大工したり・動物(主に猫)とじゃれ合ったり。
町をなんとな~く散歩しておじいおばあと井戸端会議で情報収集。担当。
牟岐で撮った色々と自分ぽいを混ぜたもんを見てもらえるやにこつこつやってきます。