やっと晴れたので行きました!牟岐・出羽島アート展2015の出羽島会場

やっと晴れたので行きました!牟岐・出羽島アート展2015の出羽島会場

開催してから早1週間の牟岐・出羽島アート展2015。やっと週末に晴れたので、出羽島会場の様子を見てきました。

開催後、週末は雨ばっかり…でしたが、2週目の日曜日についに快晴!ということで、天気のいい日にはやっぱり出羽島。早速連絡船のりばに向かいます。

やっと晴れたので01

本日の駐車場誘導係を務める栗林さん・新居さんも、次から次へとやってくる車の対応に大わらわです。

やっと晴れたので02

そして!のりば手前ではカモン牟岐・牟岐町商工会青年部・牟岐町婦人部の皆さんが、案内・休憩・物産販売所を設置して盛り上げまくっております。

やっと晴れたので03

物産販売は地域活性化センター等、アート展各所でやってますが、ここでしか売ってないものもあります。イチオシはこれ、ひじきパウンド。絶妙な甘さに加え、少し温めれば出来立てのしっとりさが美味しすぎます。

やっと晴れたので04

船に乗船待ちの人・帰ってきた人に「ちらし寿司」を販売するのは牟岐町婦人部の方々。豆好きにはたまらない、徳島の郷土料理です。

やっと晴れたので05

船は増便していますが、やはり天気の良い週末はご覧の人出。乗船時には、屋根に頭をぶつけないように御注意を。

やっと晴れたので06

出港直前。子どもたちのワクワク感が凄まじいです。

やっと晴れたので07

数多くのお客さんを乗せて出港し、いつもどおり出羽島に到着。しかしお客さんの様子はいつもどおりではなく、めっちゃわくわくしてますよ。やはり初めて出羽島に訪れる方も多いのでしょう。

やっと晴れたので08

港入り口には見知らぬ釣り人!?と思ったら、かかしでした。びっくりするほどバカでかい大物を釣り上げてましたよ。

やっと晴れたので09

よーし着いた、さあ行くぞ~とばかりに歩き出します。少し風はありますが、天気が良いとそれだけで気持ちいい島です。

やっと晴れたので10

今回のアート展・出羽島会場では、牟岐町観光ボランティアガイドの皆さんが、希望者にガイドツアーをされています。マップはあるけれどどう行けばいいかわからないという方は、是非一緒に回ってみましょう。ガイドメンバーはどなたも牟岐町のことを知り尽くした方々で、各場所や歴史の深いエピソードが聞けること間違いなしです。

やっと晴れたので11

島の散策開始、すぐに見つかるのは小栗加代子さんのパッチワークキルト展示。大小様々の作品が見事です。

やっと晴れたので12

ほぼ向かいの川長商店では、お土産も販売中。写真見て気づきましたが、ご主人の川長さんが窓に映ってます。僕はビールを飲みながら川長さんと喋っていたいところでしたが、取材のためなんとか我慢。

やっと晴れたので13

ガリ版作家・坂本秀童子さんによる、ガリ版体験ワークショップが開かれています。ガリ版で作られた本、魅入られるものがあります。

やっと晴れたので13-2

中村由春さんの作品。古民家の座敷の中にあると、プレイベントで拝見したのとは違う印象を受けますね。是非一見を。

やっと晴れたので14

田中組合長の生家では、エンドウダイスケさん、中野童太さんの写真作品が。アート展開催までに何度か写真を見せていただきましたが、ここにあるのは段違いに素晴らしい。物凄い写真・物凄い額縁・物凄い空間。まさに牟岐に散らばる貴重な瞬間を切り取って集めた、集大成ではないでしょうか。

 

やっと晴れたので15

僕はこの写真が印象強いです。なんの写真なのかは、実際に見てからお楽しみ下さい。

やっと晴れたので16

写真はただ闇雲に撮るのではなく、撮りたいもの、伝えたいことというテーマを持つことが大事だと、エンドウさんに教えてもらいました。

やっと晴れたので18

こちらは民宿まるわの軒先で、牟岐や出羽島の方の手作り作品の販売があります。細部まで凝っていて、思わず見入ってしまいます。

やっと晴れたので19

人気の出羽島帆布工房のカバン。全て1点もの、数量限定ですのでお早めに。僕もここでかばんを新調予定です。

やっと晴れたので20

ぐるっと回ったところで振り返る。出羽島の景色は最高です。

やっと晴れたので21

さあ、体育館に向かうところでは坂道に長ーい作品が。

やっと晴れたので22

体育館前まで登ってきました。賑やかそうな気配がします。

やっと晴れたので23

体育館会場に入ると、おなじみの消しゴムハンコを押してもらえます。この男の子、ハンコ押すのめっちゃ上手でした。

やっと晴れたので24

圧倒的なスケールの作品ですが、こんな感じでちょい見せで。

やっと晴れたので25やっと晴れたので26

やっと晴れたので27

体育館前の広場では、ベンチを囲んでお弁当タイムのお客さんがいました。こんな感じで、会場にはベンチを散在してありますので休憩には持ってこいですね。

やっと晴れたので28

ぐるっと降りてきたところには、今回では出羽島唯一となるお食事処、東洋町の「Join」のフード&デザートが楽しめます。

やっと晴れたので29

メニューは特製ビーフカレー!取材時間の都合で食べられなかったので、次に来たら絶対食べたいです。木曜以外はいつも営業してますよ。

やっと晴れたので30

さらに先へ行くとナカバリヨウコさんの作品とJICAの海外交流の展示があります。ナカバリさんの作品、いや現象。これはなんというか、不思議な世界に引きずり込まれる感覚でした。

やっと晴れたので31

牟岐小とウガンダのボンボミックスト小の交流事業。うちわってやっぱり、アフリカにはないのでしょうか。

やっと晴れたので32

偶然居合わせた、牟岐小の中村校長先生と「どこの国でも、子どもってすごいパワー持ってる」というような話をしながら、一番感銘を受けたのがこれです。俺はミュージシャンになるんだという意志がビシビシ伝わります。

やっと晴れたので33

柏涛会創作クラブの作品展示のあるこちらの古民家が、最後の地点です。色とりどりの、念入りに作られた作品群が出羽島の風景にマッチしてました。

やっと晴れたので34

ということで、最後は観光ボランティアガイドの皆さんに見送られながら出羽島を後にしました。

 

今回のアート展、午前中に出羽島を回ってお昼前後に戻ってくる人が多いのかなと思いましたが、じっくり見てると出羽島で一日が終わってしまうほどでした。しかしパスポートは会期中何度でも使えますので、是非2回、3回と遊びに来てみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらのウェブサイトから。
牟岐・出羽島アート展2015