ワークショップや会議に!使い方は自由な活性化センターフリースペース!

ワークショップや会議に!使い方は自由な活性化センターフリースペース!

六角舎が事務所を置く「牟岐町地域活性化センター」では、一室をフリースペースとして活用出来るようになっております。会議などに使うのもいいのですが、町の人たちがワークショップを行えるような場所になったら個人的にはうれしいかなと思っておりますのでご紹介を。

活性化センターの一室はフリースペース

六角舎(ヘキシャ)が事務所を構える「牟岐町地域活性化センター」は、もとは河内小学校というハニカム構造の旧校舎。残念ながら子供の数が減ってしまったことで、今から約2年前に廃校になってしまったのです。そこを再利用という形で、今現在ボクたち六角舎メンバーを中心に利用させて頂いているわけです。

IMGP1200

ボクたちが使っている事務所は元職員室。黒板が残っていていい感じなのです。

 

IMGP1199

これはボクの机。最近もらった無農薬ブンタンをいつ食べようかと考えている。

そして事務所の隣の一室はなんと、だれでも使える「フリースペース」なのです。これは是非町の皆さんに使っていただきたいなと思っている次第なのです。

 

会議もいいけどワークショップを開催する場所として

IMGP1202

こちらがその部屋。ハニカム構造なので変わっているのです。テーブルが置いてあるのでいつでも会議が開けます。なので今のところ会議で使っている方々が多くおられます。ボクたち自身も何かと会議に使っていたり。

 

IMGP1203

いろんな物とか置いてありますが、サッと退かしてフレキシブルに使っていただけたらと。個人的にはワークショップをどんどん開催したら面白いなと思っています。先日は上谷が牟岐のおじいちゃんを巻き込んで「看板に綺麗な字を書く方法」ワークショップを開催していました。

 

IMAG0080

 

こんな感じで、多くの方に教える側としても、教わる側としても使って頂けたらと考えているのです。Wi-Fiもフリーで使えるようになったので、ボクは「ウェブサイトを簡単に立ち上げるワークショップ」とか何かと出来るような気がしています。…というか近いうちにこれはやろうかと思っております。「事業を立ちあげたいけどウェブサイトとか何かとお金がかかる」と考えている方は結構いるはず。なので「はやくやって欲しい!」という方がおれば是非ご連絡を頂けたらなと思います。

また、近いうちにボクが個人的に進めているプロジェクト「なまず未来研究舎」から「なまず捌きワークショップ」を開こうと考えていますし。「高級魚なまずを食べられる」という体験と、「三枚おろしの基本」を覚えられるワークショップとなってますので、なかなか面白いんじゃないかと思ってます。まだ確実な日程は決まってませんが、こちらも参加者大募集中。なまずって食べられるんですよ。

Enigamid 2015 02 10 午後3 14 50

 

簡単なサポーター登録は必要

…といっても簡単な決まり事があるのも事実。ご利用頂く前にサポーター(協力団体)登録をして頂く必要があります。

IMGP1205

こんな用紙をこちらで用意しております。団体でも個人でも登録可能ですのでサクッと登録していただけたらと。こうすることで、お互いに良い関係(協力関係)が出来るのではないかとも思いますので、非常に大事なことでもありますね。

というわけで、是非フリースペースをご活用頂けたらと思っております。ワークショップの予定が入り次第、このウェブサイトでも告知することも可能ですしね。

 

 

記事を書いた人

小林大介
牟岐町に2014年9月に移住。現在は牟岐町地域おこし協力隊として活動中。六角舎(ヘキシャ)のシステム構築、運営、管理を担当。プロジェクトリーダーでもある。