【出羽島】出羽島から見る朝日が贅沢すぎて感動する

【出羽島】出羽島から見る朝日が贅沢すぎて感動する

以前出羽島で行われたワークショップの時に、ボクは朝日の綺麗さにやられてしまったので、これは是非皆さんとシェアしましょう。

「朝日が見える」という最高の贅沢

ボクはもともと愛知県出身で、2014年9月から牟岐町へと移住をしてきました。ここに移住する前はオーストラリアに2年間ほど住んでおりまして、そこで自然と非常に近い環境で生活してきたことで、ボクは完全に自然ありきの生活を求めるようになりました。

そんな訳で、この海もあり、山も近い、自然たっぷりの牟岐町へ移住をしてきたわけなんですが、移住してきて本当に贅沢だなと感じることが、「朝日が見える土地」ということです。ボクは非常に朝日と夕日が好きだということもあるのですが、これほどの贅沢は、本当に「ない」とボクは感じています。

そんな贅沢体験を。

出羽島から見る朝日

以前行われたワークショップの時に、はじめて出羽島の「民宿まるわ」に宿泊したので、「これは是非朝日を見に行かねば」と思い、寒いのが大の苦手ですが、頑張って寒いなか朝日が昇るのをまっておりました。

出羽島ワークショップに関してはこちらの記事を。
「出羽島4コマ」から出羽島の空き家の利用法を探るワークショップ一日目 | 六角舎-ヘキシャ
移住者と地域の方との関係をつなげるための「空き家」になれば…出羽島ワークショップ二日目 | 六角舎-ヘキシャ

 

Sunrizeteba01

まだ太陽が昇りきる前。手前に津島。その奥には大島が。そしてその奥には太陽で焼けてきた空。グラデーションが非常に綺麗です。

 

Sunrizeteba02

午前7時10分頃。津島の大島の南に太陽が顔をだしました。

 

Sunrizeteba03

手持ちのカメラで最大まで拡大して朝日を望む。

 

Sunrizeteba04

徐々に顔を出す朝日。漁師さんの船もたくさんおりますね。って、漁師さん…毎日のように朝日を見てるんですね。だから皆さんエネルギッシュなんですかね。

 

Sunrizeteba05

空とのグラデーションも超綺麗。

で、後から気がついたのですが、だるま朝日になっていたんですね。なぜかボクはそこのシャッターチャンスを完全にのがしていました。残念。

 

Sunrizeteba06

完全に朝日が顔をだしました。

 

Sunrizeteba07

昇りきった太陽。かなり太陽エネルギーが強くなってきました。この瞬間、ホント太陽ってスゴイなって感じますよね。

 

Sunrizeteba09

すごくいい写真が撮れた。自己満足。

 

Sunrizeteba10

昇りきってからの津島、大島とのショットも最高です。

 

Sunrizeteba11

こんな素晴らしい朝日が望めるってホント贅沢。

 

 

記事を書いた人

小林大介
牟岐町に2014年9月に移住。現在は牟岐町地域おこし協力隊として活動中。六角舎(ヘキシャ)のシステム構築、運営、管理を担当。プロジェクトリーダーでもある。