偶に行く南阿波サンラインから望む景色に癒やされる

偶に行く南阿波サンラインから望む景色に癒やされる

牟岐町には牟岐と日和佐を結ぶ「南阿波サンライン」という道路が走っている。太平洋を望むドライブコースで非常に景色がよく、偶に車でドライブするのですが、展望台から見る景色もこれまたいい感じなのです。

Enigamid 2015 02 10 午前9 06 55

牟岐から日和佐を結ぶ道路は国道55号線ですが、時間があるときやのんびりとドライブしたい時にはこちらの「南阿波サンライン」を使ったりするのです。グニャグニャと曲がりくねった山道ですが、非常に景色が良く、癒やされるのです。

そんなサンラインには四カ所の展望台があり、牟岐からすぐにその展望台の一箇所にたどり着くことが出来ます。

 

IMG 6008

こんな感じの展望台。

 

IMGP0980

最近行ったら新しいトイレが設置されてました。

 

IMG 6015

のんびりと出来るベンチもあります。

 

IMG 6012

その展望台から海陽町の方を見るとこんな素晴らしい景色が。まるで水墨画。徳島の南の方はこうした山脈が綺麗だとつくづく感じますね。他の地方にこの景色はなかなかないんじゃないかな。また、これは時間帯や季節や天気によってかなり表情を変えてくれるので、いつ行っても飽きない景色が見られるのではないかと思います。

 

IMG 5998

ちょっと雨が振りそうな日に望んだ津島に…

 

IMGP0982

天気のいい日に望んだ大島。

国道55号線は信号もなく非常に「便利」ですが、南阿波サンラインはのんびりとドライブ出来き、その上景色の良い非常に「贅沢」な道路なのです。そんな贅沢を出来る牟岐って素晴らしいなとホント感じますね。ここから朝日をみたいな〜と思いながらなかなか朝起きれずにいますが、近々朝日を撮りにいき、また記事でも書きたいと思ってます。

昔はこの「南阿波サンライン」は有料だったとか…でも何年か前に無料になったり。またマラソンも行われてたそうですが、今では行われなくなってしまったりと…色々と歴史がありそうですので、今後もサンライン記事を書いていきたい次第です。

 

 

記事を書いた人

小林大介
牟岐町に2014年9月に移住。現在は牟岐町地域おこし協力隊として活動中。六角舎(ヘキシャ)のシステム構築、運営、管理を担当。プロジェクトリーダーでもある。