牟岐の伝統「あんどん」を受け継ぎたい!娃佳哩(あかり)の皆さん

牟岐の伝統「あんどん」を受け継ぎたい!娃佳哩(あかり)の皆さん

牟岐には何十年も前から伝わる「あんどん」があります。
昔から七夕をお祝いす行事として子供達が半紙に絵や文字を書いたものをあんどんに貼り付け、蝋燭に火を灯し近所の子供達が自分の作品を見せ合っていたそうです。その伝統は現在まで伝わり、牟岐小学校夏休みの宿題として受け継がれています。


IMG_4352

そんな、牟岐ならではの伝統を広めているのが「娃佳哩(あかり)」の皆様。
毎年旧暦の七夕(お盆)に大川橋の上に牟岐町民が作ったあんどんを展示して幻想的な灯りが夜の牟岐町を照らします。

 

IMG_7360

IMG_7350

自宅兼工房におじゃま。

IMG_4343

お菓子を頂きながら、雑談形式で質問。

 

IMG_4373

IMG_4395

Q.あんどんチーム娃佳哩を立ち上げたきっかけは?
A. 大工の仕事を退職するときに知り合いの建築士さんから牟岐のあんどんを盛り上げようと誘われたのがきっかけやったね~。
取り組みだして近所の人から「橋の上に飾ったら?」と言われて大川橋の上に展示しだしたんよ~。
昔は出羽島とかでもミセの上にあんどん置いて米粉で作ったおまんじゅうや野菜とかお供えしとったみたいよ~。

と語る「娃佳哩」代表の大谷さん。へ~!!昔は、年に一度の大きな行事だったんですね!

 

IMG_4418

最近ではお土産用にと開発した「ミニあんどん」もあるそうです。かわいい~!

IMG_4321

もう一人の代表。多富さんがミニあんどんの作り方を見せてくれました。

「おっきょいん(大きい)より、こんまい(小さい)方が作るん難しいんよ~。」

とのこと。職人技を感じます。

IMG_4433

逆台形の形が牟岐あんどんの特徴だそうです。

 

IMG_4435

Q.これからの目標は?
A.大川橋の上を基本に町の人たちや子供さん達にもっと参加してもらって町全体をあんどんで灯せたらごっつい綺麗やろな~。
牟岐のあんどんは町民の皆さんが作ったものを展示するものやから、他にはないと思うんよな~。

なるほど。町の人たちが同じものを作って展示する。すてきな伝統ですね。
これからもずっと残ってほしい牟岐の宝です。
IMG_4340

また、今年の3月の牟岐・出羽島アート展で古牟岐にあるダイビングスと水族館の施設
「モラスコむぎ」でのコラボ展示があるとのこと!海の世界とあんどんの幻想的な世界が一緒に味わえるそうです!アート期間限定なのでこれは是非見ておきたいものです。

IMG_3112

IMG_3098

一回、牟岐のあんどん見にこんけ~。

 

IMG_7342

IMG_7336

お問い合わせ:「あんどんの会 娃佳哩」

090-8286-2251(大谷)

090-8978-7960(多富)

 

記事を書いた人

hekisha
hekisha
六角舎に関わってくれる人たちが記事を書いてくれてます。牟岐を思う気持ちがあれば誰でも参加可能です。「記事書いてみたい!」と言ってくれたら「はいどうぞ!」とかる~くバトンをお渡しします。