これを見かけたら冬の訪れ。港ではためく、海のギャング「うつぼ」。

これを見かけたら冬の訪れ。港ではためく、海のギャング「うつぼ」。

徳島県南、高知、和歌山などで食されている、「うつぼ」。冬時期になるとTVや新聞で必ずと言っていいほど記事になるのがここ牟岐町のうつぼ干し。うつぼを食べる?!そう思っている奥様方!含め旦那様方!見た目で判断しちゃだめですよ。うつぼ食後の感想は「うつぼは海のうなぎだ。」嘘だと思うなら一度食べにこんけ?

牟岐東漁港へ

うつぼを捌いていると漁師さんに情報をもらい東漁港にお邪魔しました。
冬時期になると牟岐町の港あちらこちらで目にするうつぼ干し。
うつぼ記事1

 

漁師:木村 的(きむら ひとし)さんに直撃

うつぼ道約30年になる漁師の木村さん。
今時期になると太陽が出ている限り、うつぼを獲りに海へ。
挨拶をするやいなやマシンガントークが始まった。
恐ろしや牟岐弁漁師言葉、マンシンガントーク。
牟岐に来て数年、漁師との絡みもそれなりにあったけど理解出来ない言葉がぽつぽつと。
うつぼ記事02

 

マンシンガントークが途切れそうもないので間々に聞いてみた

マシンガントークを繰り広げながらも、仕事の手は全く止まらない、しかも狂わない手捌きさすがプロ!
うつぼ記事03

 

(まな板は特注?)

うつぼ専用の檜のまな板。
「これ30年ものなんじょ~檜がいっちゃんええんよ。これでないとあかんうぇだ。」と語る、木村さん。
捌き方はウナギなどと一緒で体がヌルヌルする為、釘で目をさし固定して、頭の方から開いていきます。
木村さんがやっていると本当に簡単そうに見えるけど、ここまで来るのに10年はかかるとの事!
特にうつぼの皮は固いので力も技術も必要。
うつぼ記事04

まな板は漁師さんによって様々。
使い勝手いいようにリメイクされてる。
うつぼ記事05

 

(うつぼ漁はいつから?)

うつぼの漁期は12月1日~2月末まで。
晴れの日はほぼ毎日漁に出るのでこの時期太陽が出てる時に港に行くと大体の確率でうつぼ干しの光景が見れる。
うつぼのおすすめは1月か2月が一番。
「ほらぁ~身もついて、お日さん当たりながら冷たい風で干されてみぃ、うまいじょ。」と木村さん。
うつぼ記事06

 

(おすすめの食べ方は?)

唐揚げにしてゆーの酢(ゆず酢)をかけて食べるのが一番うまいわと語る木村さん。
その他にもすき焼きや鍋に入れたり炭火で焼くのもおすすめ。
うつぼの皮にはコラーゲンが入ってるのでお肌がつるつるになるかも。
女性にはもってこいのお魚。うつぼ。
「おまさんも食べてみぃだ。」と笑顔満載で語る木村さんの肌もつるつる。
うつぼ記事06

 

うつぼを干す

捌き終えたら漁師倉庫の前で天日干し。
開くときに予め尻尾部分に切れ目を入れてそこに紐を通し、1本1本つるしていきます。
うつぼ記事08

 

干しの最終工程に登場する漁具

身を綺麗に開いて干すためにうつぼ干しには欠かせない必需品。「ハリ」。
ひとつひとつ漁師さんの手作り。
IMG_9843
竹で作られていて、うつぼの身を張らせる為の漁具だから「ハリ」。
これで普段お目にかかる「うつぼ干し」の光景に。
うつぼ記事09

 

うつぼ漁を知る

地元牟岐にある小さな水族館。その名も「漁師さんの水族館 モラスコむぎ」で知れる。
うつぼ漁期に合わせて“牟岐のウツボ漁”展示を行ってます。
うつぼ記事10

うつぼ記事11

 

うつぼが欲しいそんな貴方へ

暖かい太陽に干されて、太平洋からの冷風をあび身がきゅっとしまった「うつぼ干し」。
購入希望の方は、東漁港へ直撃。
木村さんから直接買うことができます。事前に電話を一報お願いします。
可愛いうつぼの絵が書いてる看板を張った漁師倉庫が目印!
TEL:090-4337-8914 (木村的さん)
うつぼ記事13

 

コラーゲンたっぷり、牟岐の風物詩「うつぼ」。
食べてみんけ?
うつぼ記事14

記事を書いた人

minami.
minami.
名前、(アヤコ)でありません。(サイコ)です。日本海は島根産まれの田舎好き。
牟岐での呼び名は(ミナミ)。牟岐では(ミナミ)が本名だと思っとる人のが多いです。
なんとな~くが好き。字を描いたり・海を潜ったり・平日大工したり・動物(主に猫)とじゃれ合ったり。
町をなんとな~く散歩しておじいおばあと井戸端会議で情報収集。担当。
牟岐で撮った色々と自分ぽいを混ぜたもんを見てもらえるやにこつこつやってきます。